☆★☆ ICHI NINO SAN ! ★☆★

  ~ Second Photograph ~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

冬 -4- 


2013.02 




***

- ネットで見付けたコピペ (3) -


今日、ちょうど定年退職をむかえた初老の男が
ひとり、駅前の立ち食いそば屋で一杯のそばを食べている。
エビの天ぷらが一尾のっかった一杯500円のそばだ。
男は30年も前からほぼ毎日昼休みこの店に通っているが、
一度も店員とは話したことがない。
当然、話す理由なども特にないのだが、今日
男は自然に自分と同年齢であろう店主に話しかけていた。

「おやじ、今日俺退職するんだ。」

「へぇ・・・。そうかい。」

会話はそれで途切れた。
ほかに特に話題があるわけでもない。
男の退職は、今日が店を訪れる最後の
日であることを表していた。
すると突然、男のどんぶりの上にエビの天ぷらが
もう一尾乗せられた。

「おやじ、いいのか。」


「なーに、気にすんなって」

男は泣きながらそばをたいらげた。
些細な人の暖かみにふれただけだが涙が止まらなくなった。
男は退職してからも、この店に通おうと心に決めた。
男は財布から500円玉を取り出して、
 
「おやじ、お勘定」

「800円」




janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

コメント

落ちがあったのね(笑)

この話は もしかして 創作落語ですか?

それとも ろいたぁさん作?

面白かったぁ^^

けこちん #- | URL | 2013/03/22 21:09 * edit *

Re

 
>けこちん
 
誰の創作なのか分りませんが、
この話はネットで見付けた(広まってる)笑い話でした。
 
でも、このオチの感覚からして、考えた人はやっぱ関西の人かな?w
 

ろいたぁ #- | URL | 2013/03/23 15:58 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://odoloiter.blog90.fc2.com/tb.php/1317-da129f2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。