☆★☆ ICHI NINO SAN ! ★☆★

  ~ Second Photograph ~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

 空き缶  

 
 
# 177 空き缶 

 
 

 
 
  
   今日の更新ネタは面白くありあせん。
   ただ自分の気持ちを落ち着かせるために書くだけです。
   なので、もし最後まで読んでも読み逃げして下さいw
  
 
 
   それは2日前の夜、帰宅途中の私の携帯に、珍しく妻から電話があり
   娘が入院したと告げられました。
   その日の朝、まだ高熱が続くのでもう一度今日病院へ連れてってみると言ってただけなのに…
   突然の「入院」って言葉に声も出ませんでした。
 
   自分はそのまま一旦家に戻り、病院へ持って来て欲しい物を言われたとおりに持って
   大学病院へ行きました。
   病室に入ると、そこにはまだ身長も1mに満たない小さな子の腕に点滴が打たれた姿は
   とても痛々しく見えましたが、連日の高熱で寝不足だった為か、スヤスヤと寝てた寝顔は
   いつもの顔で安心しました。
   が・・
   昨日今日と仕事で面会に行けてなく、代りに面会へ行った母から今日、娘の病名を聞かされました。
   それは「川崎病」という難病だと…
   すぐネットで検査してみました。
   簡単に説明すると
   その殆どは乳幼児が掛かる病気らしく、全身の血管に炎症を起こす病気と考えられており
   もっとも問題となるのは、心臓の筋肉に酸素や栄養を送る冠状動脈という血管に後遺症が残るか
   どうかという点で、その冠状動脈が拡張したり、瘤(コブ)が出来ると、いわゆる心筋梗塞発作を
   起すケースもあるそうで、定期的な診断以外にも薬を飲み続けたり、外科的治療を施行したりするそうです。
 
 
 
   よく「何でうちの子だけが…」と言う人も居ますが、自分はそうは思いません。
   これは、この子の生まれ持って来た試練だと自分は思うからです。
   
   ですが…
   
   ですが…
 
   なぜもっと健康な体で産んであげられなかったのか
   今、とっても申し訳ない気持ちでいっぱいです。
   自分で自分の事を責めてしまいます。
   でも、きっと妻の方がもっと落ち込んでるでしょう。
   なんせ自分のお腹を痛めて産んだ子ですからね。
  
 
 
   さて、ここで吐き出しは終わりです。
   自分もここで書き逃げしますwwww
   で、明日からまた いつもの自分に戻ります。
   では、おやすみなさい、自分。
   
   

   
   
janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

コメント

しまった~~~!


ワンダだったんかぃ。。。。。

tact #JnoDGgPo | URL | 2010/02/28 11:22 * edit *

 
>拓ヤン
 
ふふふ…
色だけで判断しちゃいけまへんでw
 

ろいたぁ #- | URL | 2010/02/28 17:42 * edit *

記事、今になって初めて読みました。

大丈夫。
無責任なように聞こえるかもしれないけど、きっと大丈夫。
そう信じて気をしっかり持っていきましょう。
と、わかっちゃいるけど、病気と闘っている幼い我が子のことを思うと
胸が痛むことでしょう。
本当我が子の苦しむ姿ってのは辛いものです。

けど、きっと大丈夫だから。
そう信じて強い気持ちで生活をしてください。
そして、笑顔でむすめさんを勇気づけてあげてください。
きっと、きっと大丈夫だから^^

tact #JnoDGgPo | URL | 2010/02/28 18:08 * edit *

 
>拓ヤン
 
書いた本人が書き逃げしたのだから、拓ヤンも読み逃げしてくれて
よかったのに~
でも、暖かい言葉、本当にありがとうございます。

「きっと大丈夫」
この言葉、親は絶対に忘れちゃいけない大事な言葉だと思う。
まずは信じることから始めないと、前には進めないもんね。
「きっと大丈夫」忘れないよう心に刻んでおきます。 ありがとっ。^^
 

ろいたぁ #- | URL | 2010/02/28 19:59 * edit *

こんばんわ。
おとうさんもおかあさんも、大変ですね。
こどもにはなに1つ病気させたくないと思ってますよね。どなたも。
うちの息子が髄膜炎になったときは 足が震えて 怖くて どうしようもなかったです。
私のせい?となんども自分を責めました。
成長性のてんかんもありましたので、ずっと検査は受けてたし
そのほかいろいろ弱くて・・なんでだろうとほんとに悩みました。

ただ・・・・1両日中に完治しないものなら うまく付き合っていく方法が必ずあるはず。
ゆっくりと お子さんと模索していってほしいです。
入院中の生活からや 何かを乗り越えてときに強くなっているわが子を
きっと誇りに思えることもあると思います。

無理せず ゆっくりゆっくり。付き合っていってください。
その先にきっとなにかがみえてくるから。

逃げようとも思いましたが あえてコメントさせていただきました。
すみませんです。

親ってもん、がんばっていきましょうね。お互い。
良い段階をふんでいけるよう心からお祈りしてます。

ばいおれっと #- | URL | 2010/02/28 22:01 * edit *

 
>ばいおれっと さん
 
こういう記事って、いつも来てくれる人の事を考えると書かない方が良いと思う気持ちもあって…
でも、告白しちゃうことで自分が楽になる気もして来て…
自分も書き逃げする気持ちで書かせて貰いました。(オイッ!)
 
いつも明るく元気な ばいおれっと さんに、そんな事があったなんて…
てか、こんな場所で言わなくてもいい過去を話してくれて、本当にありがとうございます。

そうですよね、絶対うまく付き合って行く方法があるはずですよね。
今すぐは無理だとしても、10年後、20年後と、病気の事が嘘に思えるほどの付き合い方を
子供と一緒に見付けたいと思います。^^
 
ばいおれっと さんにも気を使わせてしまって…
本当に申し訳ないです。
でも、とっても心強いコメント頂き、本当に嬉しかったです。
有難う御座いました。
これから親として頑張って行きます!
お互い頑張りましょ~!^^
 

ろいたぁ #- | URL | 2010/02/28 22:34 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。